岩手・宮城・京都の交流山行in栗駒山(1628m)
今年の雪山交流は3県交流になりました


・・・2016/4/30
 岩手県連が12名。宮城県連は22名、流石は地元。京都府連から15名が車3台で参加。合計で57名です。朝冷え込み、フロントガラスが凍って、自宅出発前、溶かして余計な時間ついやした。6:30盛岡インター出発。時々雨粒が落ちる天気。Hさんは、お泊りコース、Kさんと私は、日帰りコース参加。2時間でゲート前、駐車場到着。風邪が強くて、合羽着用決定。積雪5センチ位かな?9:00ゲート係りが来て「今日は、開けません。」ガッカリ。即、8名の撤退者が出て、別の山に向かいました。舗装道路を雪をビジャビジャ踏み、イワカガミ平まで1時間も歩きました。登山口、10:30出発。新雪踏み、時々、木の枝近くにズボットとハマリ、マンサクの咲き始め綺麗。樹氷がイセエビ位になって、綺麗でした。凍ってツルツルの所は無く歩き易かった。12:00栗駒山をバックにカメラスポットで写す。頂上12:30。鳥海山が大きい。千葉県から、来たカップルにシャッター頼む。食べる予定のカップラーメン、うどん位に伸びたかも?ヤングマン有難う御座います。下山は、ザクザクと早い事、早い事。50分位で着いた。全員揃うまで、経塚山、金駒ケ岳、天竺と山並みを眺めました。私には、魔の下り舗装道路、足にきた。1時間長かった。駐車場からは、雪解けて、道路には、無かった。京都から、遠いところ参加で楽しかったですよ。帰り道花壇の花々、石楠花も咲いて綺麗でした。(フ)

イワカガミ平まで車道歩きに

登山口のイワカガミ平に到着

マンサクの花

山頂をバックに

焼石岳の雄姿

山頂の祠と焼石岳

鳥海山が真っ白な姿を

山頂で昼食

列を組んで下山

霧氷がきれいでした

山頂に全員集合


トップページへ2016年の山行記録へ戻る