鹿狼山(429m)と霊山(825m)
復興支援を兼ねて福島の山に登りに行きました


・・・2016/4/16-17
 今年初の県外山行で準備不足で不安を感じながらの参加です。6時の時報と同時に本部を出発です天候は晴れ 明日は午後から崩れるようです。
 東北自動車道⇒常磐自動車道 8:30山元インターで高速を下り新地町に入る。今日登る鹿狼山(かろうさん)の山並が見える。身支度をして、9:00登山口出発。樹海コースで鹿狼山の山頂に立ち七峰(ななうね)を行ける所まで行って、戻って来るピストンになります。登山道は良く整備されていて新緑にはまだ早いようだが足元には次から次へとカタクリ・ニリンソウ・ヤマツツジ・ヒトリシッズカ・キイチゴの白とヤマブキの黄色が山道に続きます。9:50鹿狼山山頂。この先は結構急登続きで、下りたり登ったりと膝に来ました。宮城県と福島県の県境を数10m先に見ながら舗装道路を横切り、11:25五社壇。お宮の周りにはワラビがちらほら、途中にタラボもありました。12:15地蔵森、13:10権現堂山。ここで戻ります。13:50地蔵森。来たコースは止めて、ぐるりと舗装道路を1時間半掛けて駐車場に戻りました。大変疲れたー
 みさとYHは、90才のおばあちゃんと66才の息子さんが40年も続けているそうで びっくりポンだらけでした。翌日、早朝5:00に出発して花見山に散歩に出ました。桜は終わっていましたが 次から次へと色々な花が咲き乱れるそうです。福島市街地を見下ろし5000歩の散歩でした。
 YHに帰って、おばあちゃんが作った朝食を頂いてから、霊山(りょうぜん)へ向かいました。天候は強風で山が唸ってます。歩き出して直ぐ雨も降りだしカッパを装着。宝寿台で飛ばされそうになり、前から後ろから真下から雨が顔を打ちます。とりあえず霊山城跡を目指して前進あるのみです。林に入ったり岩の陰に入ったりと、 風の当たらないところもあって霊山城跡9時着。霊山最高峰の東物見岩を回って10:20登山口着。
 予定より2時間も早く下山したので、三春の滝桜を見に行く事にしました。滝桜もだいぶ終わっていましたが、1,000年以上の樹齢と推定されているベニシダレザクラは、ごつごつした木肌の老木が春になると滝のように可憐な紅色の花を咲かせるそうです。力強い生命のパワー浴びて来ました。(F)

登山口から鹿狼山山頂が見えた

キケマンソウ

ヤマツツジ

下山途中に山頂を振り返る

山頂から見た宮城蔵王

山頂で記念撮影

カタクリの三姉妹

鹿狼山山頂を振り返る

ヒトリシズカ

エンレイソウ

五社壇

ヤマザクラ

ヤマブキ

地蔵森山頂の社

社の裏に山頂標識が

権現堂山頂

ナツトウダイ

霊山城跡

最高峰の東物見岩

学問岩

テングスミレ?

白いスミレ

花見山から福島の街と志信山

春モミジ

ボケの花のトンネル

花見山の庭園

三春の滝桜


トップページへ2016年の山行記録へ戻る