県連・雪崩講習会
今年の正月山行は東根山でした


・・・2010/1/30・31
 今年の県連雪崩講習会の参加者は初級40名(一般11名)、ビーコン専科8名(一般3名)の参加で盛会でした。1/30(土)は盛岡市西部公民館で机上講習です。
 1/31(日)の実技講習の会場を網張に変更しました。アプローチは大変楽になりましたが、2m以上の積雪が必要な、ビーコン専科は除雪した雪を使うなど少し苦労をしました。
 初級コースは中山先生の丁寧な講義と実際にあった事例を元にした実習のメニューで、雪の観察と弱層テストから始まり、ビーコンの使い方、捜索・掘り出しまでたっぷり学ぶことができました。
 ビーコン専科では、磁力線が垂直に立ち上がるポイントでのスパイク現象(水平状態のトラッカーなどでは磁力線が弱くなり、SE状態になる現象)の把握、対応など、興味ある内容でした。このスパイク現象は、トリプルアンテナでは回避出来るようですが、把握はしてません。また、ピープスのハイテック・ゾンデ(受信機付きのプローブ)の威力にはビックリしました。面倒なピンポイント捜索から開放されそうです。

1/30(土)は机上講習です

網張ビジターセンター駐車場に集合

網張キャンプ場で実習です

雪の層の観察から始まりました

スクラムテストです

6人で腕を使っての搬送です

埋没者の掘り起しです

やっと助けだすことがてきました



トップページへ2010年の山行記録へ戻る