石狩岳(1966m)
今年の北海道はニペソツ山と石狩岳でした


・・・2009/8/8・9
 8/9(日)晴れ。3:45YH発⇒4:20シュナイダーコース登山口着(H800m、山頂まで6キロ)4:40登山口発⇒8:00シュナイダー分岐(音更山、石狩岳分岐)で尾根に出る⇒8:石狩岳山頂9:30⇒9:5010:00シュナイダー分岐10:00⇒10:35急坂の林の中10:45⇒11:30沢の音が聞こえ21沢の出合へ⇒12:30登山口着(登り4:10、下り3:00)12:50苫小牧に向けて登山口出発⇒糠平⇒帯広⇒夕張⇒17:50苫小牧フェリー港着⇒21:15苫小牧発
※シュナイダーコースは、もとは音更山を経由して石狩岳に登るしかなかったが、エスケープルートとして地元山岳会が開いた石狩岳登山の最短ルートである。行きは登山口の沢を右左に渡り、尾根に上がった。初めはそれほどきつくはなかったが、ほどなく和賀岳の沢内側の急登のようになる。標高差850mをわずか2キロの距離で登ることになり苦しい。最後は皆に励まされながら広い尾根に出た。そこがシュナイダー分岐で音更山からのルートと出会う。途中もチラチラ見えてはいたが、昨日登ったニペソツ山は槍ヶ岳のように素晴らしくカッコよかった。目指す石狩岳はいくつかの起伏の先に姿を現している。コケモモやガンコウランの実が色づき、ウラシマツツジも紅葉が始まっている道を進んでいった。キバナシャクナゲの株も多く、花の時期にはさぞいろいろな花が咲くことだろう。もう一つ登り下りがあるのかと思っていたら突然山頂に着いた。天気は昨日は少し不安があったが、今日は完全な晴れで、眺めは最高だった。帰りは、シュナイダー分岐からの急な下りと、沢に近づいてから登山口に着くまでがやはり長かった。苫小牧には余裕をもって到着することができた。
8/10(月) 4:45八戸フェリー港着⇒5:20八戸発⇒6:55滝沢IC着⇒8:30北上着
⇒8/8ニペソツ山へ戻る

石狩岳の登山口

昨日登ったニペソツ山

シュナイダーコースの登りはこんな風

石狩岳の山頂をバックに

音更岳

トムラウシ山

石狩岳の山頂

大雪をバックに

大雪をバックに石狩岳の山頂で

音更岳への稜線

チシマリンドウ

山頂からの下りです
⇒8/8ニペソツ山へ戻る


トップページへ2009年の山行記録へ戻る