三石山(1100m地点まで)
雪庇踏み抜き転落事故がありましたが、ケガはありませんでした


・・・2009/3/15
 生協本部前7:00に出発、天気は曇り。今回は生協の取引先「テス東北」の若い男性3名が同行しました。松川温泉に近づくにつれ車外は吹雪いている。トイレも雪で埋まっていて使用不能。松川温泉で用を足し、8:30登山口へ。登り始めの雪の壁は、輪かんでキックしながら鉄柱につかまり、力まかせに体を持ち上げ登りました。登りやすいところを探しながらラッセル。雪もひざ上までで急な登り、風が強くて地吹雪状態。尾根に出るまで1時間かかりました。風と雪との戦い、山全体がゴウゴウとなっている。尾根は雪が吹き飛ばされて、所々クラストして輪かんがきかない。左側は切れている。益々、風雪は強まり、けれどそれほど冷たくはない。一瞬の晴れ間から岩手山が見えた。いつもの岩手山とは違う、すごく険しく厳しい山に見えた。
 30分ほど歩くと大きな雪庇が現れてきた。怖い感じ。目の前に急登がクラストしている。「登れるかな」と思った。左は危ないので、右の林沿いに登るが、輪かんがぜんぜん効かない。ストックに力を入れて踏ん張り、上のほうにクックの穴が開いた。そこを手で登る。一息ついて、後ろを振り返ったが、後方で立ち止まっている。トラブルが起こったらしい。風の音で何もきこえない。(*実は、平井が雪庇を踏み抜いて3mほど転落した。幸い怪我もなく、無事みんなと合流できた。)あまりに風が強いので、ここで下山することにした。下りは30分、あっという間に松川温泉に着いた。ゆっくり風呂に入って早めの岐路についた。

登山口で輪かんを履きます

最初は急登です

深い雪をラッセルしながら登ります

稜線に出ると大きな雪庇がありました

ここが雪庇踏み抜きの現場

アップです

ケガはなく無事合流しました

下山後にみんなで記念撮影



トップページへ2009年の山行記録へ戻る