旧秋田街道(国見〜道の駅雫石)
旧秋田街道をのんびりり歩きました。


・・・2006/10/22
 秋晴れの一日、旧秋田街道を国見から道の駅「雫石あねっこ」まで男4人でのんびり歩きました。
登山道が整備されたとの新聞報道を頼りに「旧秋田街道」を初めて歩いてみました。道の駅「雫石あねっこ」のすぐ前に「旧秋田街道入口」という標識が新しく建てられていました。道の駅に車をデポし、国見温泉に向かいました。旧国道の入口には車止めがありましたが、除けてヒヤ潟まで入りました。秋田駒をバックに控えた静かな池でした。
 ヒヤ潟から100mほどのところに記念碑があったので記念撮影し、9:55歩きはじめました。道が2つありましたがヒヤ潟に近い方が登山道でした。車のわだちがありきれいに手入れされていました。貝吹岳が間近に見えてきました。歩き始めて30分で仙岩峠の分岐です。その手前の笹薮の道を50mほど入ったところに藩境の碑がありました。20分ほどの高圧線と交差する地点で視界が開け秋田駒や紫波三山・早池峰などが眺められました。
 途中で昼食休憩し、道の駅には12:40到着しました。最後の40分ほど林道歩きが退屈でしたが、静で楽しい山行になりました。

出発地点のヒヤ潟(後方に秋田駒ケ岳)

旧国道の記念碑

お助け小屋の跡地

紅葉の中の快適な道です

貝吹岳992m)が間近に見えた

仙岩峠の藩境の碑

峠から下りになります

秋田駒ケ岳とぶなの紅葉

紫波三山と早池峰が見えた

ぶなとモミジの紅葉と青空

紅葉の向こうに貝吹岳が

ここからは平坦な林道歩きです
→紅葉と初雪の涸沢(10/7・8)へ


トップページへ2006年の山行記録へ戻る