八方尾根から初雪の白馬連峰の展望
穂高をあきらめて下山し、白馬・八方尾根からの展望を楽しみました。


・・・2006/10/9
 予想外の初雪(しかも大雪)のため、穂高登頂をあきらめて下山しました。1日余ったので、相談の結果、白馬の八方尾根にロープウェイとリフトで登ることにしました。白馬村の民宿「マル七」の予約が取れたのでお世話になることにしました。白馬岳、立山に続いてこれで3年ぶり3度目です。奥さん手作りの料理をいただきました。
 10/9(月)の朝は昨日とはうって変わって雲ひとつ無い快晴、「マル七」から真っ白な雪をいただいた白馬三山がくっきりと見えました。朝食後、八方ゴンドラリフトへ、行列して9:00に乗り込み、山頂駅に9:20に到着。大勢の観光客と一緒に歩き始めました。石神井ケルン、第2ケルンとたどって八方池に10:40に到着しました。白馬三山や唐松岳・五竜岳・鹿島鑓、不帰(かえらず)のキレットや不帰の嶮が素晴らしい迫力で眺めることができました。10分休憩して眺めを楽しみながら下山しました。ゴンドラリフトとリフトは往復で¥2600でしたが山小屋と民宿の宿泊料の差額でまかなえました。
 12:30に下山、白馬村の食堂で名物のおそばで昼食をとり、糸魚川ICから北陸道に乗り21:00には盛岡に帰ることができました。
→紅葉と初雪の涸沢(10/7・8)へ

民宿マル七のいろりの前で

白馬三山と茅葺きの民宿「マル七」

民宿マル七の前でお別れ

唐松岳をバックに

唐松岳をバックに

第2ケルン

八ヶ岳が雲の上に浮かんでいました

白馬三山と八方池

八方池の周りは雪

八方池と不帰(かえらず)の嶮

浅間山

四阿(あずまや)山

右から白馬岳・杓子岳・白馬鑓ケ岳

白馬三山と紅葉
→紅葉と初雪の涸沢(10/7・8)へ


トップページへ2006年の山行記録へ戻る