紅葉と初雪の涸沢(2400m)
北穂・涸沢岳・奥穂・前穂縦走の予定が急な初雪で断念しました。


・・・2006/10/7・8
 北穂・涸沢岳・奥穂・前穂縦走の予定でしたが、涸沢まで登ったところで急な初雪(大雪)で登頂を断念し、下山しました。この期間に遭難が多発しましたが、我々が登頂する予定のコースで起こっています。登れなかったのは残念でしたが、下山の判断は正しかったと思います。
 10/6(金)仕事の終了後19:00出発、雨の中を東北道・磐越道・北陸道・上信越道・長野道を通り、松本ICに10/7(土)6:30に到着しました。途中、妙高SAの自販機コーナーで3.5時間ほど仮眠しました。
 沢渡から定額タクシー(中型で¥3900、一人¥780でバス¥1000より安い)で上高地へ。河童橋やウェストンレリーフで記念撮影など観光してから、9:05に歩き始めました。梓川の右岸を明神に10:05、明神橋を渡って左岸に移り徳沢園の食堂で昼食を食べました。横尾には11:40到着、10分休憩して本谷橋に14:00、ここまではほとんど平坦で散歩気分です。本谷橋から登りとなって涸沢小屋には15:40に着きました。涸沢はナナカマドの紅葉が盛りでしたが風が強く写真も撮れませんでした。3連休のせいで小屋は超満員で、我々は乾燥室に寝ることになりました。
 10/8(日)朝、目が覚めると外は真っ白、雪が降り続いています。稜線は30cmほど積もっているとの情報で、登頂はあきらめて下山することにしました。7:00過ぎにゆっくり朝食を食べ、昼のお弁当をもらって来た道を雪の中を8:30に下山です。涸沢から抜けると雪は雨に変わりました。 本谷橋に10:15、横尾に11:30到着、小屋でもらったお弁当を食べました。徳沢、明神、上高地と梓川の左岸を下りました。14:20上高地に到着、帰りも沢渡まで定額タクシーを使いました。沢渡温泉で入浴し、以前お世話になった白馬村の民宿「マル七」が空いていたので予約し、18:30到着しました。
→八方尾根から白馬連峰の展望へ

河童橋から出発

焼岳と梓川

ウェストン・レリーフと記念撮影

登りは梓川の右岸を

ポーズをとるお猿さん(明神で)

明神橋で(後方は明神岳)

フジアザミ

前穂高岳

涸沢のテン場(10/7夕)

涸沢のテン場(10/8朝)

涸沢の紅葉

穂高をあきらめて下山しました

雪をかぶったナナカマドの紅葉

前穂高岳の北尾根

本谷橋を渡ります

屏風岩が光っていました

横尾近くからの前穂

横尾橋に戻ってきました

河童橋近くで

明神岳も冠雪
→八方尾根から白馬連峰の展望へ


トップページへ2006年の山行記録へ戻る