鳳凰三山(2840m)
梅雨の晴れ間に、あこがれの鳳凰三山にいってきました


・・・2005/7/9-11
 梅雨の真っ最中で天気予報は最悪で、3日間とも雨でした。それでも全員集合、まさに「運を天に任せて」7:00に2台の車で出発しました。東北道・磐越道・北陸道・上信越道・長野道・中央道と高速道を6つもハシゴして、青木鉱泉には18:30に到着しました。しかし、シッカリ雨降りでした。宿泊客も我々だけでした。直ぐに夕食を出してもらい、入浴後20:00には就寝しました。
 雨の状況によってはどんどこ沢から鳳凰小屋にピストンする覚悟をしていましたが、雨が降っていなかったので、林道終点までワゴン車で移動し予定通り中道コースから6:10に登りはじめました。歩き始めに少し雨が降り、合羽を着ました。このコースは予想通りの急登が続きましたが、ゆっくりゆっくり登りました。御座石で記念撮影し薬師岳の直ぐ下で富士山がクッキリと姿を見せてくれ、元気をもらいました。薬師岳にはほぼコースタイムどおりで11:30に到着しました。途中の登山道にはキバナノコマノツメ・コケモモ・イチヨウラン・タカネヤハズハハコなどが咲いていました。
 稜線は風が強いものの視界は良好、富士山が美しい姿をずっと見せてくれました。甲府盆地も見えました。北岳・甲斐駒ケ岳には頂上付近に雲がかかっていました。ハイマツの陰で風を避けて昼食をとりました。あこがれのタカネビランジも1輪だけですが咲いていました。珍しいキバナノアツモリソウにも出会いました。最高峰の観音岳で記念撮影し、アカヌケ沢の頭を経由し地蔵岳にもオベリスクの直ぐ下まで岩をよじ登りました。オベリスクの岩の裂け目にはフィックスロープが下がっていました。ロッククライミングできたら良いのにと思いました。
 鳳凰小屋には15:30に到着、外のベンチでビールで乾杯しました。夕食はカレーで、おいしかったのでみんなでお代りしました。後で聞いたら中道コースから登ってきた登山者はほとんどの人がバテバテで食欲がないのでカレーにしたとのこと。ところが予想に反して、みんなでお代りしたので、小屋のスタッフの分が無くなり、缶詰を開けて食べたとのことでした。夕食後に談話室で小屋のスタッフと山の話などをして20:00就寝しました。
 翌日は5:30に朝食、予定通りどんどこ沢コースを6:00に下山開始しました。下りのコースにはタカネグンナイフウロ・イチヨウラン・センジュガンビ・クルマユリなどが咲いていました。途中の滝にはすべて寄り道し、青木鉱泉に11:00下山しました。入浴後、諏訪湖SAで昼食をとり、来た道を逆にたどって22:20盛岡に帰着しました。

御座石

富士山に元気をもらって

薬師が岳の岩塔

薬師が岳から・・甲府盆地が見えます

薬師が岳

タカネビランジ

イワカガミ

コケモモ

稜線は快晴
(画像をクリックすると大きく表示されます)

観音岳

地蔵岳のオベリスク

タカネグンナイフウロ

キバナノアツモリソウ

鳳凰小屋(カレーがおいしかった)

南精進の滝

下山後の青木鉱泉



トップページへ2005年の山行記録へ戻る