金ヶ崎・駒ケ岳(1129m)
夏油3山のひとつ金ヶ崎・駒ケ岳は、まだ残雪の山でした


・・・2005/6/5
 会としては始めての山、夏油3山のひとつ金ヶ崎・駒ケ岳に7人で登ってきました。いつも通り7:00に集合し、出発しました。出発前の朝6:00のニュースで焼石岳で首都圏の中高年のパーティ−15名が焼石岳で遭難騒ぎを起こし、5:20無事自力下山したと報道されていました。彼らの下山コースの経塚山は金ヶ崎・駒ケ岳の直ぐ隣の山です。
 私たちも中高年のパーティー、気を引き締めて、9:00に登り始めました。この日は曇り模様でした。天気予報では昼ごろから晴れとのことで、期待しながら登りました。
 登山口付近には、背の高いスミレ(名前不明)やユキザサ・マイヅルソウ・ツクバネソウが咲きはじめていました。途中にはムラサキヤシオツツジ・タムシバ・オオカメノキなどの樹木の花が、今年初めてのイワカガミにも会えました。今年は雪が多く、頂上近くには大きな雪渓があり、ショウジョウバカマやカタクリも咲いていました。コシアブラやソンデコなどの山菜を採りながら登りました。
 頂上には11:00に着きました。周りはガスがかかって何も見えません。昼食を食べているうちにガスが晴れてきて周りを見渡すことができました。経塚山は頂上までは見えませんでした。
 下りは同じコースを戻り、1:30で下山しました。下る頃には晴れ間も広がり、頂上では見れなかった経塚山も顔を覗かせてくれました。
 お決まりの温泉は帰る途中の千岩石温泉で入浴し、16:30には盛岡に「無事」帰り着きました。

金ヶ崎駒ヶ岳の山頂

山頂直下に大量の雪が・・・

昼食していたらガスが晴れてきた

山頂神社前で記念撮影

山頂の神社の裏側

山頂直下の雪渓を恐る恐る下る

ツクバネソウ

サラサドウダン

今年初のイワカガミ

経塚山



トップページへ2005年の山行記録へ戻る