朝日連峰の 以東岳(1771m)
台風の合間を縫って登ってきました。


・・・2003/9/13・14
 9/13(土)は盛岡から仙台まではすっかり曇り空。台風が日本海側を近づいていました。それでもわずかの望みを持っての出発でした。
 山形道を宮城県から山形県に入ったとたんに青空。みんなから歓声が上がりました。登山口の泡滝からは平坦な道が続き、つり橋を2つ渡りました。それからが林の中を急登。天気はいいが、蒸し暑いことはなはだしい。大鳥池にやっとたどり着きました。小屋に着いたとたんに雨が降り出し、夜中いっぱい台風の大雨と強風が吹き荒れました。
 9/14(日)は朝も雨、様子を見ることにしました。雨が小降りになって、明るくなってきたので、荷物を小屋に置いて空身で、カッパを着てオツボ峰コースから以東岳へと向かいました。
 途中は小雨やガスで視界がいまいちでしたが、マツムシソウの咲き残りやヒメサユリの種があちこちにありました。山頂に着くころガスも晴れ、大鳥池が見えました。
 帰りは直登コースから大鳥小屋に下り、昼食を食べ記念撮影してから来た道を引き返しました。山形道・東北道を逆にたどって盛岡へは18時頃無事到着しました。

大鳥池まではこんなつり橋を2つ渡ります

大鳥小屋(たきたろう山荘)外観

マツムシソウが咲き残っていました

オツボ峰付近はガスの中

以東岳山頂

以東岳山頂から見た大鳥池

ダイモンジソウ(大鳥池湖畔)

大鳥小屋(たきたろう山荘)


トップページへ戻る

ご意見/ご感想はこちらまでどうぞ・・・

@nifty ID:IZC00565