富士山エコフェスタ

感動のフォーラムと宝永火口集会・・・2002/7/6・7  
 国連が提唱した国際山岳年の行事として行われた富士山エコフェスタに行ってきました。岩手県連盟から25名が参加しました。7/6(土)は富士宮市民文化会館でエコフォーラムが開かれました。田部井淳子さんの講演や子供たちの富士山楽手の発表など感動的なフォーラムでした。
 7/7(日)は山頂集会の予定でしたが、悪天候のため宝永火口での集会に変更、富士宮口5合目レストハウスに泊まりました。
朝7:00ころは晴れて山頂の測候所が見えました。花巻山友会とアウトドアの会の20名は山頂を目指して6:00登山開始。猛烈な風とガスの中、15名が頂上の浅間神社に到達しました。
 残りの5名が宝永火口の集会に参加しました。集会前に宝永山頂(2702m)登頂を目指しましたが、ピークまであと100mほどの稜線に出たところで、強風のため全員ユーターンしました。
 9:30から120名が参加して火口集会が行われました。富士山の成り立ちと宝永火口について、静岡県連盟の方の解説を聞きました。最後に、国際山岳年「富士山からのメッセージ」を読み上げ、最年少7サミッターの山田淳君と記念撮影して終了しました。

エコフォーラムの開会(労山全国連西本理事長)

子供たちの富士山学習の発表

出発前は5合目から山頂が見えました

あっというまにガスに包まれた中で山頂アタック隊20名

悪天候をもたらす巨大なレンズ雲

富士山5合目から上にはこれしかない(オンタデ)

宝永火口集会には120名が集いました

最年少7サミッターの山田淳君(右から3人目)と



トップページへ

ご意見/ご感想はこちらまでどうぞ・・・

@nifty ID:IZC00565